国際バカロレア教育について

今日は市役所で国際バカロレア教育の勉強後、そのまま予算質疑を作成しています。
国際バカロレア教育という言葉を初めて見た方向けに、
・一体どんな教育なのか
・なんでそんな勉強をしてるのか
というのを書いていきます。

 

まず、一体どんな教育なのか。
めちゃくちゃ短くまとめると「考える力を身につけてもらうための教育」です。
本気で説明すると当然もっともっと長い説明になるんですけど、わかりやすく書きました。

例えばマザーテレサの授業があったとして、
○○○○年に○○○○○が生まれて…
みたいな穴埋め問題、みなさんも心当たりがありますよね。
これが日本の公教育です。でも社会に出た時、こんなの使わないですね。笑
テストのための勉強ってどないやねんと、僕は子供の頃から思っていました。

それなら、マザーテレサというテーマを設定後に子ども達が自分で調べてその内容を発表する。
この授業を通じて自分が何を感じたか、どんなことにこれから活かせそうかなどを思考する。
そんな教育を重ねていくのが国際バカロレア教育です。
少なくとも僕は、こっちのほうが自分に合ってるかなと思いますね。
当時自分で選べたなら、こっちの教育を選びたかったです。

 

僕がなぜこの勉強をしているのかというと、大阪市内に公設置民営で検討されているんです。
「国際バカロレア校を作ろうじゃないか」と。
選択肢を用意するという意味ではアリですよね。
現在の公教育を全否定しているわけではありませんし、合っている人も相当数いると思います。
でも、合わない人もいるということで。このあたりは多様性ですよね。

少なくとも僕は、公教育が合わなかったタイプでした。
国際バカロレア教育は合うと思います。今さら言っても仕方ないですけど。笑
でも、今の子ども達はまだ間に合いますから。
絶対に現在の日本の公教育を受けなきゃいけない!という世界観ではなく、国際バカロレア教育のほうが合ってるのならそっちもあるよ、という世界観が良いだろうなと。

 

このような感じで、自分の委員会と関係のない勉強も色々していてアウトプットできるようなことが多くなってきているので、これからもちょくちょくブログでアウトプットしていこうと思います。

そう考えると、この2年間で本当に様々な勉強をさせていただきました。
僕を市会に送り込んでくださった皆様に、改めて感謝申し上げます。

Code for Osakaで喋ってきました

昨日の記事に書いた通り、Code for Osakaで登壇しました。
僕が思っている以上に、参加者の皆様からすると「こいつ・・・ホンマに来よったで・・・」という感じだったそうです。

確かに大炎上に巻き込まれた張本人ですけど、僕的には「ちゃんと説明すれば誤解は解ける」と思っていたので。
実際、最後に「今まで誤解していたけど、杉山の話を聞いて、それなら理解できるな」と思った人は挙手をお願いします!と呼びかけたところ、たくさんの方が挙手をしてくださいました。参加した甲斐がありました。本当にありがとうございました!

しかも、実際に事業をされている方からは
「杉山さんの話を聞いて、そういうことなら応募したかった!」と言っていただきました。
※昨日で締め切ってたので間に合わず・・・笑

こういう反応は本当に嬉しいですね。

 

さて、昨日の僕のプレゼンの終盤で言及したことに、
「議員もプログラミング教育を体験してみるべき」というものがありました。

小学生向けにプログラミング教育をするかどうかというテーマを議論する、議員そのものが体験しておくことで中身が深まる。というような企画が出来ないかなぁと考えていたところ・・・

お誘いいただきました!

オトナのためのScratchプログラミング講習・交流会

既に僕を含めて数名、議員が参加する予定になりました。
プログラミング教育については2020年に向けてこれから色々議論もあるテーマだと思うので、ゴチャゴチャ言う前にまずは体験しようという企画を僕も積極的に広めていきたいと思っています。

是非、議員向けの企画で良いアイディア等あればご相談ください!

これまでの大阪市のプログラミング教育に対する取り組み

今日は、プログラミング教育について書いていこうと思います。
実は、吉村市長の市長マニフェストの詳細版に「プログラミング教育の推進」という項目が入っています。(市長選前に大阪維新の会でマニフェストを作っている時に、ICT関連を任されて僕が入れ込んだという経緯もあります。)

市長選挙は2015年11月だったわけですが、その後2016年6月に文部科学省の有識者会議で小学校でのプログラミング教育の必修化についての議論がとりまとめられました。
平成32年度(2020年度)からの次期学習指導要領に小学校でのプログラミング教育が明記される見込みとなったのです。

というのもあって良いタイミングで、大阪市は大阪市内在住の小学生(3~6年生)と中学生を対象にスマホアプリやゲーム開発等のプログラミング講座を開催しました。
※現場を見に行きたかったんですが、他の予定と重なってしまい行けず残念でした。

ちなみにこの時は、プロポーザル方式で業者を選定し、「CA Tech Kids ライフイズテック共同企業体」と契約を結んでいます。
一体どんな会社なの?という人向けにリンクも貼っておきます。サイバーエージェント系ですね。
小学生向けプログラミング教育 -CA Tech Kids-

ついでに、当時の契約結果のPDFも貼っておきます。
【PDF形式】ICT戦略室発注の業務委託契約案件における随意契約(特名随意契約)の結果について(少額随意契約を除く)

 

そして、内容はこのような感じ。

実際、小学生の部は大盛況で定員オーバー。
中学生の部は、部活動の影響もあってか30名ほどの参加だったようです。
まぁ、土日両方の参加が義務付けられているので、部活やってたら無理ですよね。

ちなみに、僕が仕事にしていたWEB開発系は一番地味で人気がないようです。クソース!

 

「保護者によるプログラミング教育への理解」という部分も今後非常に大事な視点になってきますが、そういう点では反応はとても良かったそうです。
まぁ、普通に受講したら4万〜5万する内容を、無料で受講できたわけですから当然っちゃ当然かもしれません。
しかも、参加者の中で素質を認められたり意欲を認められた小学生から4名、中学生から4名。合計8名の小中学生が選抜され、現在もプログラミングスクールに通っています。どんな成長を遂げるのか、非常に楽しみです。カリキュラム終了後の様子についても、話を聞いてみたいなと思っています。

ちなみにこの事業、大阪市としては2017年は行いません。
まぁ、毎年400万円というのは、「欠かすことのできない事業なのか」という観点で見ると、ちょっと厳しいでしょうね。
民間ベースで開講は続けられているので、ご興味のある親御さんは是非お子様をこうした教室に通わせてみるというのもアリなんじゃないでしょうか。

なお、こうしたプログラミングスクールにも塾代助成が適用されるはず。
(事業者からの申請があれば、です。)
CA Tech Kidsの事業が申請されているのかを今調査中で、もし適用されていない場合は適用への動きをしてもらおうと思っています。

[追記]
CA Tech Kidsは小学生向けのみに特化してるみたいです。(大阪市とコラボした時に中学生向けにもやってたので、中学生向けのやつもあるんだと思ってた・・・)
塾代助成は中学生が対象なので、適用しても現在のところは意味がないですね…
ちなみに、プログラミング系で塾代助成の適用対象になっているところはこちらのページで確認できます。

この記事を読んでいるプログラミングスクールを運営されている事業者様がいらっしゃいましたら是非、積極的に申請するようにしてくださいね。
大阪市塾代助成事業の参画事業者募集について
[追記終了]

わからないことなどあれば、僕にお問い合わせいただいても構いません。
とにかく、子どもの成長に資する選択肢を広げていきたいですね。
杉山へのお問い合わせはこちらから

 

さて、突然なぜこんな記事を書いているのかと言うと…
本日、Code for Osakaさんの定例会で登壇するのです!

ちなみに、

乾杯して即、僕!笑
恐縮です・・・。

 

ということで、プレゼン資料を作ってるわけなんです。
その際にこれまでの大阪市の取り組みを振り返ったもんで、ブログの記事にしておきました。

Code for Osakaさんは、大阪市が取り組むCivic Techやハッカソンなどのイベントにもご協力いただいておりまして、平素より本当にありがとうございます!
感謝の気持ちを込めて、登壇します。

なお、今日のプレゼンの内容はまた明日以降に書きます。
本日会場でお会いできる皆様、よろしくお願いします!