大阪周遊パスについての質疑後半

前回に引き続き、大阪周遊パスの質疑の後半部分を紹介します。
▶大阪周遊パスの公式ホームページはこちらから

質疑の概要

以下、大阪周遊パスについて行った質疑の概要を記載していきます。
割と端折って記載していきますので、詳しくは質疑の動画をご確認ください。

質問:無料利用可能施設について

さて、今日は経済戦略局の方にも来ていただいています。
続いて、大阪周遊パスの施設掲載関係についてお聞きしていきます。

この大阪周遊パスを持っていたら無料で利用できる施設というものがあり、これまた結構な数がありまして、その施設は軒並み外国人観光客であふれているという状況にあるようです。

このあたり、
・どういう状況なのか
を改めてご説明ください。

答弁:無料利用可能施設について

大阪周遊パスを使った利用者が最も多い施設は大阪城天守閣となっており、この他には、梅田スカイビル屋上にある空中庭園展望台、梅田や天保山にある観覧車、道頓堀川などを船の上から楽しめるとんぼりリバークルーズ、通天閣、大阪くらしの今昔館などが、人気が高くたくさんの観光客の方にご利用いただいています。

実はスーパー銭湯も無料利用可能施設に含まれてます。
・なにわの湯
・スパ住之江
上記2施設ですが、こちらも大変人気で混み合っているようです。

実際、僕も何度か「なにわの湯」で、身体を洗うのに並ぶという現象に遭遇していますw

質問:掲載可能施設の範囲

やっぱり大阪周遊パスの効果で無料施設にはどんどん外国人が集まっている。

最も周遊パス利用者の多い施設は大阪城天守閣ということだったんですけど、私も先日行ってきました。本当に多くの外国人観光客が訪れていました。
しかも、あれ普通チケット売り場でチケット買うのに並ばないとダメなんですけど、大阪周遊パス持ってたら、チケット買う必要ないからそのへんもスルーできるというのが、これまた便利でした。

あと、大阪くらしの今昔館。ここもすごかったですね。
着物に着替えることができるサービスがあって、昔の日本の町並みが再現された空間を歩くことができるようになってました。やっぱり、自国以外の文化に触れて感じるというところがウケているんだろうなぁと思いました。

こういった施設を巡ってもらえる仕組みとして本当に素晴らしいパスだと思っているわけですが、同時に課題もあるなと思っています。

冒頭から述べております通り、来阪外国人観光客数は東京よりも凄い伸び率なわけで、これからも増えることが予測されているわけです。大阪周遊パスの利用者数も増えていってますし、これからも増えるでしょう。

ただ、そうなってくると、無料利用可能施設の混雑率の問題も出てくると思うんですよね。選択肢が増えないと、パンクしてしまうというパターンも今後出てくるかもしれませんし、選択肢が増えればそれだけ大阪周遊パスの価値は高まっていきます。

そしてその結果、より広範囲に恩恵をもたらしていくことができるわけですよね。

というところでお聞きしたいんですが、
・掲載可能施設の範囲、エリアの基準は存在しているのか。
という点をご説明ください。

答弁:掲載可能施設の範囲

大阪周遊パスは、平成13年度のUSJの開園に合わせて広く市内を周遊してもらうために、大阪市が始めた事業であることから、主に大阪市内エリアが対象となっており、利用可能な施設は、周遊パスが利用できる鉄道駅から徒歩圏内の施設としている。

まぁそりゃ普通に考えれば大阪周遊パスですから、京都や奈良の施設が掲載されるわけないというのは当然ですし、大阪府内であっても、大阪周遊パスの行動範囲を超えるような場所の施設を掲載しても、意味が薄れていくというのも当然そうだろうと思います。

質問:南海堺駅について

はい、今ご答弁がありました通り、周遊パスが利用できる鉄道駅から徒歩圏内の施設ということでありました。
そこで、移動できる範囲を眺めていてもらうと皆様もお気づきになると思うんですが、御堂筋線で「なかもず駅」まで行けますし、1日券の行動範囲内に南海の「堺駅」が含まれていますよね。
例えばこの、南海の「堺駅」から徒歩圏内に「さかい利晶の杜」という観光施設があります。ホームページとか見てたら、茶の湯体験とかもありますし、これは大阪くらしの今昔館みたいな感じで、日本の文化を体験できる施設として外国人観光客にウケるんじゃないかなぁと思ったわけなんですよ。

大阪市内から離れるんで、メインの観光スポットからは距離を感じるかもしれませんけれども、実際、僕が先日案内した外国人観光客の場合ですけれども、一番最初に行きたいって言った場所が「住吉大社」でした。

そこからなら割とすぐに行けますし、これは可能性を感じざるを得ないなと。

現在の大阪周遊パスの無料利用可能施設の一覧を見ていても、掲載されていておかしくないというか、特に違和感も感じないような観光施設に思いますが、現時点では掲載されていません。

このあたり、どうなんでしょうか。

答弁:南海堺駅について

「なかもず駅」や「堺駅」は、大阪周遊パスが利用できる鉄道駅になるので、駅から徒歩圏内であれば、堺の観光施設であっても、利用対象施設として含めることが可能である。
現在、堺市にある観光施設は、大阪周遊パスで利用できる施設に含まれていないが、利用対象施設への組み入れを検討するよう大阪観光局に働きかけてまいりたい。

特に、大阪市内に限っているということでもなく、現行のルール上でも含めることが可能という回答だったんです。
是非とも、堺の施設も掲載できれば、堺市にも外国人観光客が流れていきますし、これは大阪全体として考えればとっても良いことなんじゃないかなぁと思いませんか??

質問:さかい利晶の杜について

先ほども述べました通り、大阪周遊パスでの行動範囲が広がるってことは、大阪周遊パスそのものの価値も高まっていくことにつながります。

この、「さかい利晶の杜」を無料利用可能な施設に含めることは、自分で提案しておきながら言うのもあれなんですけど、大阪全体が盛り上がっていくことに大変貢献できる素晴らしい案なのではないかと思っています。

ただ、これまでやり取りしてた感じ、割と受け身なんですよね。
要望があれば検討します的な。そんな空気を感じます。
そこで確認しておきたいのですが、

・ラブコールはこれまで堺側から来ていないのでしょうか。
・それとも、来ているのにも関わらず今までは断っていたのでしょうか。

教えてください。

答弁:さかい利晶の杜について

これまで、堺市の施設を掲載することに関して、堺市側から呼びかけがあったとは聞いていないが、そういった話があれば、大阪周遊パスの利便性向上や大阪全体の活性化にもつながることなので、大阪観光局と連携し前向きに検討していきたい。

というわけで、大阪市としては受け入れ体制はあるけれども、そもそも堺側からのアプローチがないということのようでした。
大阪周遊パスは年間120万人が利用していて、外国人はそのうち100万人程度と見込まれているわけですから、「さかい利晶の杜」が大阪周遊パスに掲載されたらいいのになぁと思います。
そしたら堺にも外国人観光客が流れて、大阪全体が活性化して、周遊パスの魅力も高まって、僕もスーパー銭湯で身体を洗うのに並ばなくて済むかもしれませんね!笑
※そのためには、あと何個のスーパー銭湯にもご協力いただきたいところです・・・笑

大阪周遊パスについての質疑前半

予算質疑で多くの時間をかけて取り上げた大阪周遊パスについて書いていきます。

まずは、大阪の観光を取り巻く状況の共有からしていきますが、
・来阪外国人観光客は年間940万人を突破。
・前年からの伸び率は131%。
・この伸び率はオリンピックを控える東京以上!
とうことで、大阪の観光需要がドンドン高まっているというのが現状です。

 

そんな中、販売枚数が年間120万枚を突破している「大阪周遊パス」。
利用者層の約85%が外国人観光客ということなので、約100万人の来阪外国人観光客が利用。
シェアとして考えると、来阪外国人観光客の少なくとも10%以上と言うことができるでしょう。

これについて、色々質疑をしていきました。
▶大阪周遊パスの公式ホームページはこちらから

 

質疑の概要

以下、大阪周遊パスについて行った質疑の概要を記載していきます。
割と端折って記載していきますので、詳しくは質疑の動画をご確認ください。

質問:大阪周遊パスの恩恵

大阪の観光需要が高まっていることは明らかですが、まだまだ「繁華街だけでしょ」という声を耳にすることもあります。
大阪全体の発展、各地域の経済活性化ということを考えた時、大阪周遊パスの利用によって活動範囲が拡大するというのは非常に良いことであり、より多くの地域に恩恵をもたらしていくことが可能になります。

・大阪市交通局としてどのような関わり方をしているか
と、
・大阪周遊パスが1枚売れたら、どれぐらいの収入が交通局に入るのか
を教えてください。

答弁:大阪周遊パスの恩恵

交通局は、企画乗車券の販売社局として地下鉄前駅と定期券発売所での販売と各駅でのポスターの掲出やリーフレットの配布を行っているほか、「大阪周遊パス」のスキームを大阪市の部局が作った経緯もあることから、乗車券の磁気エンコード作業も行っている。

なお、1枚あたりの交通局の収入は1日券が565円、2日券はその倍の1130円となっている。

この質問をしたのは、大阪周遊パスが売れれば売れるほど、交通局にもちゃんと利益が配分されているということを広く知っていただきたかったからです。
実際にはもっと長い答弁で、交通局が独自で売った場合のインセンティブにも言及しているのですが、細かいのでここでは割愛。

質問:交通局の販売状況

売れれば売れるほど、その分交通局にも収入があるということですし、交通局が自ら販売した場合のインセンティブもあるということなので、たくさん売っていってもらえればと思っているのですが、

・大阪市交通局は自らどれぐらい売っているのか
と、
・売れている駅ランキングなどがあれば
を教えてください。

答弁:交通局の販売状況

平成28年の合計販売枚数は、1日券が56,161枚、2日券が50,621枚、計106,782枚で交通事業者では最多。

駅ごとの販売状況については、平成29年1月の販売枚数で見ると、外国人に人気が高い「ミナミ」に位置し、関西空港からの窓口である難波駅が2,328枚と最も多くなっている。
以下、外国人の宿泊者が多く、食べ歩きができるスポットとして人気の黒門市場が最寄りの日本橋駅が827枚、大阪の玄関口である梅田駅754枚、新大阪駅が671枚となっている。

この質問をしたのは、インセンティブもあるんだからいっぱい売っていってほしいところだけど、実際どんぐらい売ってるのかを確認したかったからです。
駅ごとに回答していただくことで、需要が多い場所はどこにあるのかが明らかになりました。まぁ、予想していた通りではありますが。笑

難波駅や梅田駅、新大阪駅にはSIC(サービスインフォメーションセンター)という、外国人観光客に向けた窓口が設置されているので、そこでは重点的に販売促進をしてほしいという要望もしておきました。

次に、僕から独自視点の要望をしておりますのでご紹介します。

独自視点の要望

来阪外国人観光客が、全員関空から来るわけではありません。
夜行バスのパターンもあれば、新幹線のパターンもあります。

外国人限定で販売されている、ジャパンレールパス。
7日間乗り放題で3万円以下。新幹線にも乗れる。
このジャパンレールパスと大阪周遊パスは競合しない。

実際に先日、自分自身が来阪外国人観光客を案内した時、そのグループはジャパンレールパスを使って東京から来た。
2つのパスを持つ無敵感は凄かった。
是非、相互で販売できるような未来を目指して相談を始めてほしい。
お互いに不利益にはならず、むしろシナジー効果が出ると思う。

それが最終的には大阪の観光魅力向上にもつながっていくはずなので、目指してほしい旨、要望しておきます。

後半はまた書きます!

予算質疑初日を終えて、一段落。

ここ最近、予算質疑の準備に追われまくっていました。
市政報告会(1日3連発)を終えた報告も書けないぐらい。

予算委員会は4日間ありますが、
会派ごとに日程が振り分けられています。
維新は人数が多いので、初日と最終日で登場。
今日は2日目なので自民が登場します。

 

ちなみに僕は昨日75分質疑をしましたが、最終日でも15分程度ですが再登場する予定です。
昨日の質疑項目は以下の通り。

・大阪周遊パスについて
・大阪市営バスの広告について
・乗り換え検索から経路検索へのシフト推奨の意見
・御堂筋線なんば駅の床面シートに関する要望
・水道スマートメーターについて
・じょう水ジョーについて

概要だけでも書けよ!という声があると思うんですけど、
短くまとめられないので、またトピックごとに時間見つけて書いていこうかなと思います。

 

ちなみに、昨日の委員会の最後のほうで東委員長に気を使っていただきまして、委員長の仕事をするシーンがありました。

吉村市長が答弁し終わって退出するタイミングまで、僕が委員長の仕事をしました。

委員長の仕事として、
「吉村市長」
と名前をコールするのは、なんだか新鮮でした!

予算質疑最終日は3/13(月)です。
最終日は、水道局の経営形態変更について僕が再登場しますので、お楽しみに!