質疑:じょう水ジョーについて

今日は、水道記念館に潜む、じょう水ジョーについて質疑した内容を書いていきます。

質疑の概要

先日水道記念館に行きまして、小学生に対して浄水場の仕組みを説明する動画をじっくり見させていただきました。
まさにそれが、じょう水ジョー。
詳しくは質疑の動画をご確認ください。

質問:じょう水ジョーの制作費について

小学生の頃、水道記念館に行った記憶がありますが、その頃には「じょうすいジョー」は存在してなかったと思います。
これはさぞかし人気やろなぁと思いきや、まだYouTubeで1万再生いってなくて悲しいんですけども、再生数の割にクオリティは高いんです!

実際に見てもらったらわかると思うんですけれども、小学生向けの説明というだけあって、非常にわかりやすいんです。
だからといって、大人が見られへんもんなんかと言えば全然そうでもなくて、素晴らしい。

もなんやったら、行政が市民に対してなにかを伝えたい時は全部あのスタイルを取り入れていったらエエんちゃうんかと、これは結構真剣に思ってるんです。

・この浄水ジョーの制作費
を、ソフト部分とハード部分で分けて教えていただけますでしょうか。

答弁:じょう水ジョーの制作費について

委員御指摘の水道記念館内の学習用映像については、公募型プロポーザルにて制作業者を選定し、オープニング映像として1つのコンテンツ、浄水場 の仕組みなど学習用映像として3つのコンテンツ、計4つのコンテンツを制作し、平成27年10月に完成した。

お尋ねの制作費用は、4つのコンテンツを合わせて約900万円となっており、 その内訳については、オリジナルソングやイラスト、アニメーションなどの ソフト部分が約490万円、プロジェクター、スクリーンパネル、スピーカーなどのハード部分が約410万円となっている。

というわけで、じょう水ジョーの動画を紹介しましょうか。笑

これが、水道記念館の学習用スペースに入ってすぐのところで見れる、じょう水ジョーの動画です。
是非関連動画も見てください。よく出来てると思いませんか?^^

質問:じょう水ジョーのアプローチ数について

ハードが約410万円、ソフトが約490万円ということなんですけどね、
これを高いと取るか、安いと取るか、なんですよ。

実際、ソフト部分、約490万円のところですけれども、これは単純に動画を4本制作しました〜って話じゃなくて、先ほどの答弁でもありました通り、アニメーションのキャラクターも制作していて、更にオリジナルソングもあるんですよ。
これを言うたらほんまかいなと思われる人もいらっしゃるかもしれませんけど、それ歌いながら帰る小学生もおるらしいんですよ。でも、僕が小学生やった時に存在してたら多分歌いながら帰ってるんちゃうかな〜なんて思う。そんぐらいキャッチーでした。

で、ここが一番大事やと思うんですけどね、
現物見せていただいて思ったのは、ちゃんと内容もわかりやすくまとまってる。
重要なところは外してない。ここが忘れ去られてないのも良かったなぁと思うんです。

あそこまでわかりやすくしようとすると、構成案作るときも結構労力が必要だったんじゃないかなぁと思うわけですね。本当に、よく出来ていると思います。
是非、多くの人に見てもらいたいと純粋に思います。

というところで、お聞きしたいんですけど、
・この学習用映像、じょうすいジョーの視聴実績について教えてもらえますか。
YouTubeの再生回数と、それ以外で分けて教えてください。

答弁:じょう水ジョーのアプローチ数について

委員御指摘の学習用映像は、浄水場見学に来られた方々、水道記念館で開催する広報啓発イベントの参加者の方々、当局の職員が学校等を訪問し、水 道事業について紹介・講義する「出前水道教室」の受講者の方々に、実際にご覧いただいている。

これら実際にご覧いただいた方々の総数は、当該映像が完成した平成27年10月から平成27年度末までで約330人、平成28年度においては、4月1日から 1月31日までで約1万3,800人となっている。

また、「You Tube」での視聴数は、平成27年11月から現在までで約8,000 回となっている。

質問:動画によるアプローチについて

YouTubeは1万再生に届いてないけれども、実際に現地で視聴していただいた人数は1万人を超えているということでした。この数字に関して、多いとか少ないとかの感想は人それぞれあるでしょうけども、とりあえず取り組み自体は僕めっちゃ良いと思ってるんです。

その上で、ちょっと言いたいことがあるんですよ。

今、水道局って経営形態変更の議論をしてますよねと。
なんで、その説明も、じょうすいジョー的なアプローチででけへんのか。
というところなんですよね。

もちろん浄水場の仕組みの理解を広げるのも良いことだし、否定しているわけではないんですけど、そもそも水道局の経営形態を変更するかどうかの話を市民にも理解してもらわなアカンな〜言うてる時ですからね。

これまでも、市民から届いた不安の声とか、誤解されている部分とかを明らかにしていくために質疑を重ねたり、水道局も想定Q&Aみたいなの作って公開してきたわけじゃないですか。あの、最初の文字ばっかりのやつとかね。

それ思い出したらですよ。
じょうすいジョーみたいな、こんなにもエエもん作れるんやん!と。
それやのに、なんで経営形態変更議論の中身をこれで説明してくれへんねや、と。
これは思わざるを得ないわけなんですね。

その、先ほど言及した、最初の文字ばっかりの想定Q&Aは、先般、図解での説明を足してほしいという僕の要望にお答えいただいて、文字だらけのものから進化させていただいたのはわかっています。
せっかく要望に答えたのにも関わらず、更にハードルの高いことを僕が言ってしまっていることは当然わかってるんですよ、わかった上で、じょうすいジョーでは出来るのに、なんで経営形態変更のテーマでは出来ないんやと、思ってしまうわけなんです。

そしてこれは、この場には交通局もいますから交通局にも言いたいんですけどね。
こういう小学生向けの動画って、普段から市政に興味がない市民に届ける内容としても合ってると思うわけなんですよ。

水道局やら交通局という、公営企業が株式会社になろうとしていますよ!とか言われても、そんな難しい話、よーわからんわという人はやはり多いです。これが現実。

でも、まさに、水道も交通も、とても多くの人に影響を与えるような話をしている最中なわけですよ。それを理解してもらうためのコストとしては、じょうすいジョーのような動画でのアプローチって、見合うんじゃないのかなと。

そんな風に思っているんです。

・小学生でも理解できる、水道局経営形態変更、交通局民営化。
・こういうアプローチを是非とも、今後の参考にしてほしいと思う。

んですけども、いかがですかね。
→水道と交通、両方からご答弁いただきたいと思ってます。
 とりあえず先に水道からお願いできますでしょうか?

答弁:動画によるアプローチについて

【水道局】

委員御指摘のとおり、局事業の内容をわかり易くお客様、市民へ周知することは非常に重要であると考えている。

とりわけ、経営形態見直しに関して市民への理解を求めるため、この間、 詳細設計である実施プラン案を公表の都度、市民の方に周知を図ってきたと ころであるが、より理解を深めていただくよう平成27年4月に市民向けQA、 さらに、委員ご指摘いただいたとおり、平成28年1月に市民の方にわかりやすく図解を交えたQAを作成するなど、市民理解に努めてきた。

水道事業の経営形態の見直しに当たっては、市民の方により多く理解を深めていただくことは重要であり、今後、これまでの周知方法の検証を行いつつ、学習映像、動画を含めた周知について、費用対効果等を勘案し、検討を行ってまいりたい。

 

【交通局】

動画の活用は、幅広い世代をターゲットに周知・PRができる効果的な手法の一つと考えている。

交通局においても、(職員の手作りであるが、)動画を制作し、平成27年8月から、
  ・地下鉄の新型車両や車内デザイン変更
  ・駅で行っているCS活動
  ・バス事業の90周年
 などのPRを行っており、ご覧いただいた方からは「楽しかった」「面白かった」「次回も期待しています」などのコメントをいただいている。

委員ご指摘のとおり、民営化をより多くの方にご理解いただくことは重要であると認識しており、例えば、小学生にはどのような伝え方が一番有効なのかなど、動画での発信を含め、周知の手法や内容を検討していきたい。

というような答弁でした。
なんとも、役人っぽい答弁・・・!!
そこで、こんな意見を言っておきました。笑

意見

是非ともですね、これ水道局も交通局も、検討状況は随時教えてほしいんですよ。

この前、どこかの公務員の漫才コンビの漫才見てたら、
「前向きに検討しますー」という言葉に対して、「それ、なんもしませんってことやないかーい」的なツッコミ入れてて、めっちゃ笑ったんですけど、決してそんなことにならないようにお願いしたいと思います。

いずれにしましても、今現在、本委員会では交通局も水道局もたいへん大きな議題を取り扱っており、有権者の皆様に説明していく責任があると思います。

もちろん我々も頑張って説明していきますので、局としての努力をお願いしておきます。

動画でのアプローチ、小学生でも理解できるアプローチが増えていってほしいですね!!

質疑:スマートメーターについて

今日は、スマートメーターについて質疑した内容を書いていきます。

質疑の概要

吉村市長が年末に表明した通り、大阪市全体の方針として、最先端ICT都市を目指すというものがあります。
水道局においては、平成27年度と28年度に行っている「メーター検針の効率化にかかる無線通信実証実験」、いわゆる「スマートメーターの実証実験」について、というところが該当。

これは、Internet of things、略してIoTの分野ですね。
この言葉自体はよく耳にされているかと思いますが、要するにモノに対して通信機能を持たせるということです。
つまり、水道メーターに通信機能を持たせることができれば、検針作業そのものが必要なくなるという。まぁそういう未来を目指した取り組みです。

詳しくは質疑の動画をご確認ください。

質問:スマートメーターの進捗状況について

資料によれば、左の写真にある発信機(子機)から右の写真の集約装置(親機)まで無線で通信を行う実証実験とあるわけなんですが、

・具体的にはどのような実験を行ったのか、
また、
・その結果どんな事が分かったのかを、

平成27年度からの経過が分かるようにお答えいただきたいと思います。

答弁:スマートメーターの進捗状況について

スマートメーターを実現する上で、水道メーター設置場所から発信する通信の電波が確実に集約装置に届くことが最も重要であることから、平成27~28年度は、通信の電波に関する技術的な検証として実験を実施してきた。

平成27年度の実験では、50か所の実際の水道メーター設置場所に発信機(子機)を設置し、920MHz(メガヘルツ)帯と2.4GHz(ギガヘルツ)帯の2つの電波周波数帯、並びに、各戸の子機間をリレー方式で集約装置(親機)まで通信するマルチホップ通信と、子機から親機へ通信する直接通信の2つの通信方式について実験を行い、子機が発信する電波強度や子機の消費電力などを計測した。

実験の結果、最も有効な通信は、920MHz(メガヘルツ)帯での直接通信方式で、通信距離は最長で約60メートルという結果であったが、この通信距離では親機が4万~5万台も必要となり、実用化するにしても多額の資金が必要になり、とても費用対効果は見込めない。

親機の台数を減少させるには、通信距離を伸ばす必要があることから、平成28年度の実験では、平成27年度の実験で最も有効な通信であった920MHz帯の直接通信方式で、さらに省電力で数kmの通信が可能な新しい無線通信規格LoRaWAN(ローラワン)を採用し、通信距離の延長の可能性を検証する実験を行っている。

今年度の実験では、昨年12月~今年1月に、市営住宅・商店街・戸建住宅・地下街・工場地帯の150か所に、一定の周期で親機に自動通信するよう設定した子機を設置し、子機が発信する電波強度や子機の消費電力などのデータを、1月中旬~3月中旬の約2か月間収集しているところである。

現時点では、市営住宅の鉄製扉があるパイプスペースから最長で約800メートルの通信ができている。また、地中に設置のメータボックスで蓋が鉄製の環境において、戸建住宅では最長で約200メートル、工場地帯では最長で約300メートルの通信が可能であることが確認できている。

商店街や地下街など、夜間にシャッターが閉まるといった時間帯による環境の変化があった場合でも、検針業務には支障のないレベルで通信に成功しており、実験の結果については、3月末を目途に取りまとめる予定である。

まぁ、要するに平成27年度の実験では、発信機(子機)と集約装置(親機)との通信距離が最長で約60メートル。

そして今年度の実験では無線通信規格LoRaWAN(ローラワン)を採用し、市営住宅では最長で約800メートル、戸建住宅では最長で約200メートル、工場地帯では最長で約300メートルと、通信距離が飛躍的に伸びたという結果が出ているという話です。

だいぶ進化してるぅ!!という話ですね。

質問:最終年度の取り組みについて

平成29年度は実証実験を行う最終年度と聞いているわけなんですが、平成27年度と28年度の実験結果を踏まえ、

・平成29年度はどのような実験を行う予定なのか
お答えください。

答弁:最終年度の取り組みについて

平成27~28年度の実験結果から、通信状況については検針業務に支障のないレベルで通信に成功しており、残る検証課題としては、通信時の検針データの情報漏えいやウィルス感染などが発生しないような通信のセキュリティ確保に関しての検証が必要であることから、平成29年度は実証実験の最終年度として、通信のセキュリティ確保を主な目的とした実証実験を行う予定である。

例えば、親機に対するサイバー攻撃により、検針データの収集の遅延や検針データを収集するネットワークへの影響、通信上の情報漏えい・ウィルス感染等のリスクが考えられる。そのため、実運用を想定したセキュリティ対策等を確認するために、子機からは暗号化した通信で親機にデータを送信し、子機からの通信のセキュリティが確保されていることを確認する。

また、通信方式については、平成28年度に引き続き920MHz帯の直接通信方式で無線通信規格LoRaWAN(ローラワン)を採用し、平成28年度の実験で電波強度の弱かった40か所に、親機へ一定の周期で自動通信する設定の子機を設置し、夏頃の気温や降水量が子機の電波強度や消費電力に与える影響についてのデータを、夏から秋にかけての約3~4か月間収集する。

あわせて、電子式メーターに子機を接続し、実際のメーター指示数と子機が送信する検針データとの乖離が無いかを確認する実験も行う。

つまり、平成29年度の実験では実証実験の最終年度として、
・通信の暗号化など通信のセキュリティ確保を目的とした実験
に加えて、
・夏頃の気温や降水量の変化が子機の電波強度や消費電力に与える影響、
・実際のメーター指示数と発信機(子機)が送信する検針データとの乖離
についての実験をするということでした。

実際に導入するとなれば、しっかり実験をしたものでないと困りますからね。

質問:パイロット導入について

それでは、平成29年度の実証実験の結果で大きな問題がなければ、
・平成30年度からスマートメーターを導入することができるのか。
という部分を教えていただけますでしょうか。

答弁:パイロット導入について

スマートメーターの実験については、平成27年度の周波数帯と通信方式の確認から始まり、平成28年度は新たな通信規格を採用し通信距離の延長の可能性を確認しており、平成29年度は技術的な実証実験の最終段階として、通信の距離と確実性、気象状況が電波等に与える影響とともに、通信のセキュリティ確保について、実証実験を行う。

現時点では、全ての実証実験を終えたうえで初めて費用対効果の検証を行うことができることから、平成30年度に水道用スマートメーターや親機の必要台数を精査し、無線通信ネットワークの設備も含めた投資額、及び維持管理費等の総事業費の算定に向けた調査・検討を行う予定である。

総事業費の算出、費用対効果等の検証の結果、導入することにメリットがはっきりと見いだせることできれば、段階的な導入の検討も考えられるが、導入に向けては、水道用スマートメーターに係る費用の抑制が大きな要素になると考えている。

したがって、平成30年度以降は導入に向けた具体的な調査・検討を行うとともに、3年間の実証実験で得られた知見・成果を、スマートメーターの導入に向けて本市と同様に実験中、あるいは実験を検討している他都市水道事業体に広くPRし、今後、水道用スマートメーターの開発・普及が促進され、水道用スマートメーターに係る費用が低減するよう、他都市水道事業体との情報交換や連携に努めてまいりたい。

という答弁で、要するに「コストもっと下がってくれないと厳しい」ということのようです。
このやり取りを受けて、僕が述べた要望は下記の通り。

要望

冒頭でも触れました通り、IoT社会というのは見据えていく必要があります。
大阪市は最先端ICT都市を目指していくわけですし、これからの人口動向を考えると、労働人口の減少による影響も想定しなければいけません。現在のような人手による検針についても、いずれは人員の確保が難しくなるかもしれません。

現在はコスト面で見合わないというところが課題ですけれども、いつかはコスト面の課題もクリアして、スマートメーターが普及していくような未来になるだろうと思います。

大阪市はその先陣を切ってほしいんですよね。
吉村市長が編成した来年度予算では、最先端ICT都市装備予算でしたか、そのような名前をつけてまで、いくつかの先進的な項目に予算計上されています。

その中には、行政オンラインの調査予算も入ってます。
平たく言うたら、これが本格的に実現に向かっていけば、住民は役所に行く必要がなくなるということですから。
公務員の就業時間に縛られることなく、24時間365日、インターネットを経由して家から役所にアクセスできて、窓口対応はAI(人工知能)がやると。

そんな未来を見据える、最先端ICT都市・大阪市ですから、水道のスマートメータ化についても当然しっかりと備えておいてほしいと思います。

というところでですね。
平成29年度で技術的な実証実験は終えるということですけれども、導入の可能性に関する検討については、引き続き他都市とも連携して継続してもらいたいですし、早期の実現を目指していただきたい旨、要望をしておきます。

早くこんな未来になればいいな〜と、切に願っています!

大阪市営地下鉄床面シートについて

今日は、大阪市営地下鉄の一部の駅で実施されている床面シートについて書いていきます。
※写真は大阪市交通局HPから引用
▶大阪市交通局 > 整列乗車にご協力をお願いします

 

これ、整列乗車についての取り組みなんですけどね。
やらなきゃいけない理由って色々あると思うのですが、現在僕が大きな意義を感じているのは、乗降行動のスピードアップという点です。

皆さんご存知でしたでしょうか、大阪と東京の乗降行動の違いを。
動画を貰えないのでここで紹介できないのですが、先日、大阪維新の会の交通水道委員会のメンバーで東京視察に行きました。

そして、東京メトロさんにラッシュ時の動画を見せていただいたんですね。
そして僕からは、市長会見の動画から御堂筋線のラッシュ時の動画部分を紹介。
みんなで見比べてみたのです。

すると顕著な違いが。。。

 

東京の人、めっちゃマナー守ってる!!
ということなんです。

そのおかげで、乗降行動が効率的になっています。
もちろん駅の特性など他の要因もたくさんあるのですが、やはりマナー面に大きな違いがあるのは間違いありません。

この部分を解消していくことも、可動式ホーム柵の設置に向けて必要になってくる。
ということもあっての取り組みだと理解しています。
※これだけが課題ではありませんが、非常に重要なポイントでもあると考えています。

 

要望の概要

そして、この件に関しては質疑の中で要望として言わせてもらったことがありますので、それを今日の記事では紹介します。
詳しくは質疑の動画をご確認ください。

要望:床面シートについて

これ素晴らしい取り組みやと思ってるんですけども、
ちょっと足しておいたほうがいいんじゃないか?という視点があるなと思ってまして、是非検討してほしいんですけどもね、

これ、降りる人のところと、乗る人のところしか明示されてないんですよね。

でも、非常に大事な人がいることを意識してほしいんです。
それは、別に自分はこの駅で降りるわけではないんやけれども、降りる人が後ろにおるんやったら、その人のために一旦外に出てあげましょかというね。
善意の行動を取ってくれる人への配慮をしましょうよという話なんですよ。

先日、大阪のラッシュの動画と、東京のラッシュの動画と見比べた時、なにが違うかって、やっぱり電車が到着した時のホーム上の乗客の行動です。ここが全然違いました。

東京の人は、電車が到着してもその場にステイできるんですけど、大阪の人って、電車がきたら1歩か2歩ぐらい前に詰めるんですよね。見てておもしろかったんですけど、これは大阪人気質かな〜って思いました。

ほんなら、さっき言及させていただきました、善意の行動を取ってくれる人、つまり一旦降りてあげましょかっていう人の行き場がないわけなんですよね。

これ作っとかないと、善意の行動を取ってくれる人がどんどん減るわけです。実際、僕はその善意の行動を取ったことありますけど、そしたら僕が電車に戻るよりも先に、今並んでた人が乗り込んだことがありましてね。

二度と一旦降りたるかぁ!ってなって、それからというものの、僕は一旦降りる気にあまりなれないわけなんですね。多分、そんな人もいるんじゃないでしょうかね。

でも、一旦降りてくれる人の行き場をちゃんと用意して、そういう行動をしてくれる人が増えたら、列車から一気に乗客を降ろすことができる。つまり、スムーズな乗降行動につながっていくんじゃないかなと思っています。

仮に大阪で成功したら、海外でも成功するかもしれませんし、是非良きモデルケースを作っていただきたいなと思いますので、大阪人の気質も考慮していただいて、大阪でもスムーズな乗降行動を実現できるように検討を重ねていただきたいと要望しておきます。