街頭タウンミーティング。6日目


今日は福島区のタウンミーティングのお手伝いに参加してきました。
秘書時代にタウンミーティングの現場責任者を経験したので、大体流れはわかっています。

まず最初は会場付近のゴミ拾いから。
危ないものが落ちていたりして、投げられたりしたら大変ですので真剣に拾います。
僕は空きビンを拾ったりしました。危ない、危ない。

 

開始前に関係者の方々と談笑しているところに、先日植物を送ってくださった高石さんが来られて、「毎日ブログ更新しとるけど、ネタなくなって絶対続かんくなるぞw」と。

いやー、たしかにネタなくなったら書くことないですw
毎日更新することを目標にしているわけでもないので、とりあえずネタ切れになるまで書いてみようかな、と!
そのぐらい軽い気持ちでいたほうが、むしろ良いんじゃないかなーと思って続けてみます。

 

10570354_765116213568498_355145243171343857_n
※写真撮り忘れたので、広田先生のFBからお借りしました!

街頭タウンミーティングが始まって、僕は会場から少し離れたところでビラを配りながら呼び込みをしていました。
地味ですけど、まぁまぁ大事な仕事だと思いながらやってました。
最近駅立ちもして人前でヤイヤイ喋るのに抵抗なくなってるので、大声で宣伝しましたよ。

駅立ちの時と同じような比率で声もかけていただけました。
世論って駅立ちすれば大体掴めてくるものなのかもしれませんね。

 

しかし、街頭タウンミーティングってすごいなと思います。
松井知事と橋下市長が休日に大阪を駆けまわり、喋り、質問に答える。
一番のキモは、質問に答えるってところですよね。

まさに双方向。
IT業界では、双方向コミュニケーションの手段としてソーシャルメディアが台頭しましたが、まさに街頭タウンミーティングも双方向コミュニケーションです。

Bzpi5ipCEAAyam6
※写真撮り忘れたので、カンパニーさんからお借りしました!

一方的に喋られるだけの演説と、一方的に見せられるだけの商品は似ている。
これに対する嫌悪感というものが、現代の人達にはあるんじゃないかな?なんて思います。
そういった意味では、アナログ的だけど近代的な手法ですね、街頭タウンミーティング。

 

みなさんも、お近くで街頭タウンミーティングが開催されている時は積極的に質問してみると面白いと思います!
なんてったって、直接松井知事や橋下市長が回答してくれるんですから。

都構想、賛成でも反対でもいいじゃないですか。
とにかく、自分たちの地域について興味を持つことが大切だと思います。
これからも大阪維新の会はタウンミーティングを開催しまくりますので、皆様よろしくお願いいたします!

投稿者: 大阪市会議員 杉山みきと

大阪市東淀川区選出の大阪市会議員(大阪維新の会)です。若者世代が活躍する地域社会を目指して活動中。IT企業を退職後、WEB制作系自営業、大阪市会議員秘書を経験して立候補し当選。交通水道委員会で副委員長をしています。好きなももクロは紫です。