一般認識とのズレ。14日目


政治活動をしていると、「もっとこうした方がいいんじゃない?」というアドバイスをいただく機会があります。
とてもありがたいです。

ですが、「せっかくアドバイスしたのにアイツは実行しない」というパターンがあります。
というか僕の場合はそれが頻繁に起きてますし、これからも起きそうな気がします。
それは、お互いの前提が若干ズレているからなんです。というお話をします。

 

まずハッキリさせておきたいのは、僕が支持を集めなきゃいけない層は現役世代。
ここ以外に無いわけです。

背景を考えてみても、同区に守島市議という優秀な政治家がいます。
高齢者の方のハートをガッチリ掴んでいるのは、元秘書の僕が一番よくわかっています。

それに、今まで僕は「若者世代と行政」「若者世代と政治」。
この距離を縮めるというテーマの活動をしてきました。
そんな僕が市政対策委員としてやらなきゃいけないことは唯一つ、若者世代・現役世代の代弁者になること。
僕の至上命題はそこにあるんです。

 

それを前提に考えれば、僕が「朝の駅立ち」をしないのも当然の判断です。
朝から駅前に立つことで「頑張ってる感」を演出することはできます。
一定、評価もしてもらえるでしょう。

ただ、良い印象を持ってくださるのは高齢者の方々が中心だと僕は分析します。
逆に現役世代からは低評価。

「あいつ毎朝駅におるけど、他になんかやることないんか?働けや」
「そんなことで支持されると思うなよ、有権者ナメんなよ」
と思われるんじゃないかなと。(ちなみに僕がそういうタイプですw)

 

ただでさえ忙しくしている現役世代の人達。
「朝の1分」という価値の大きさは僕もよく知っています。
みんな急いでいる。それを邪魔することは許されない。

頑張って早起きして駅前に行っても、現役世代の迷惑になったりすると逆効果です。
それは、地元の友達にヒアリングしても同じような感覚でした。
となれば、むしろやる理由ないよね。ということです。

 

同じことが、「人通りの少ない場所でのビラ配り」や「雨天時の駅立ち」にも言えます。

双方、朝の駅立ちと同じ理由です。
「頑張ってるな」と思ってくれる層が、多分現役世代ではない。

現役世代には、
「あいつどこでビラ配りしとんねん。効率悪いな、頭悪いんちゃうか」
「おいおい、雨やからはよ帰りたいねん!どけや」
とまぁ、こんな感じに思われるだろうなとw
※最大級にネガティブに考えた場合ですが、現役世代の方にはこういう人も多いはず。

 

もちろん「頑張る」という行為は大事で、それをしたくないというわけでは決してないんです。
「頑張っても逆効果」なんだったら、やらない。
「頑張れば頑張るだけ効果が出る」なら、やる。

という単純な判断をしているだけです。

 

という前置きから、マニフェストについてお話しようと思います。

よく、「お前のマニフェストはなんやねん」と聞かれます。
この質問に僕は激しい違和感を持ちます。

首長になろうとするのならまだしも、誤解を恐れずに言えば、議員って多数の中の1名でしかないです。
まず第一は所属会派の大きな方向性や理念に賛同しています。
だから、それがいわゆるマニフェストです。

自分独自のものは?と言われても、そんな細かいことはむしろ住民の皆様と考えて決めていくことですよねと。
むしろ、「どうしたいですか?」と民意を吸い上げていくことが議員の仕事なんじゃないかなと。
そこに、専門的な見識を交えることで実現性を高めていく。
そんな仕事をしたいと僕は考えていますし、そうじゃないと傲慢かなと個人的には思っています。

 

もちろん、自分の想いが無いわけではありません。
もっと地域が若者を受け入れる体制を作って、興味を持った若者が参加していく。
そんな地域社会を作っていきたいという想いが僕にはあります。

だけど、そこに向かう手段は決して1つではないんです。
その時最良だと思っていた手段が、翌日には最良ではないこともある。
とすれば、そういう手段の1つをマニフェストとして叫ぶことはある意味無責任なことだとは思いませんか。

最良の手段を住民の皆様と一緒に考えて、実現性を高めて、最終的には実行していく。
こういう流れを、皆様と一緒に作っていきたいんです。

 

もちろん妥協も大切ですし、「そんなもんハッタリかましたったらエエねん」というアドバイスもいただきますw
ですが、無責任な妥協はしたくないんです。
それをするのは古い政治家で、そういう政治家へのアンチテーゼとして僕が存在しているはずなんです。

僕のことを心配して応援していただいている上でのアドバイスであることは重々承知しています。
本当に感謝しています。
ですが、こういう考え方なのでアドバイスが反映されないことも多々あります。
どうかご理解いただいた上で、今後も叱咤激励いただければ幸いです。

根本はこういう感じですが、枝葉の考え方は柔軟なタイプですので、良いと思ったことは即実行します!

 

マジメな話を長々と書いてしまったので、ちょっとゆるい話で落としておこうと思います。
昨日事務所開きの時に友達がこんなものを持ってきましたw

2014-10-20 23.24.29

コロコロアニキ・・・。(ゴクリ)
『小学生お断り!コロコロ卒業生に贈る大の大人のコロコロコミック』

僕、5歳ぐらいの時から中学入学するぐらいまで毎月欠かさず買ってましたw
しかも昨日これ持ってきた友達、発売日の朝5時に一緒にコンビニ行ったりするコロコロ友達でしたw

なんだか運命的な出会いをしてしまったようなので、来月号も買おうと思います。
だって、レッツ&ゴーの豪が大人になってる物語が始まってるんですよ!そりゃ続き気になるでしょ!w

投稿者: 大阪市会議員 杉山みきと

大阪市東淀川区選出の大阪市会議員(大阪維新の会)。最先端ICT都市大阪を目指して活動中。IT企業を退職後、WEB制作系自営業、大阪市会議員秘書を経て当選。日本維新の会と大阪維新の会の広報局を兼務するIT担当。大阪維新の会大阪市会議員団総務副会長。今年度は財政総務委員会、環境対策特別委員会、一般決算特別委員会に所属。全ての委員会で維新会派の代表を務めています。