橋下徹という政治家を失っても良いですか?


今日は難しいことは書きません。

 

これを読んでいる皆様。
【橋下徹という政治家を失っても良いですか??】

 

これまで、橋下徹は「嫌われること」をしてきました。
それは「改革」です。いっぱい「改革」をしました。
※「改革」をすると、その影響を受ける利害関係者も出てきます。

しかし、よく考えてみてください。
誰が「嫌われること(=改革)」なんてしたいのでしょうか。
※例えば、敬老パス一部有料化という改革は『(投票率の高い)70歳以上の層』から嫌われる原因になりました。

10641148_871594552900323_7620181505287229662_n

そんなの、やれば嫌われるなんて誰だってわかります。
そりゃ、やらなくて良いのなら誰だってやりたくない。
でも、『改革しなきゃいけない財政状況』だったから、嫌われるのをわかった上でやったんです。

 

ここで皆様には一度、冷静に考えてみてほしいんです。
これって、誰が悪いんでしょうか。
「改革」をした橋下徹が悪いと思いますか?

僕は、『改革しなきゃいけない財政状況』を作った人達が悪いと思う派です。
これって、変な感覚でしょうか?

街頭活動をしていると、「橋下が高齢者をイジメている!!」みたいな声がよくあります。
それって正しいんでしょうか?

 

むしろ、「嫌われてでも今までの政治家達の尻拭いをした」勇気ある人間を、みんなでイジメているのでは?
と僕は思うんです。

 

今回、住民投票でもし否決された場合は橋下徹という政治家を失うことになります。
※橋下徹は、「否決の場合は政界を去る」という意向を表明しています。

本当に失っても良い政治家なのかどうかを、たくさんの人に考えてもらいたいと思います。
自らの給料をカットして、嫌われ役をやってでも、大阪の未来の為に「改革」を進めてきた橋下徹という政治家。
僕は絶対に失ってはならないと思います。

想いを同じくしてくださる方は、住民投票で賛成をお願いいたします。

投稿者: 大阪市会議員 杉山みきと

大阪市東淀川区選出の大阪市会議員(大阪維新の会)。最先端ICT都市大阪を目指して活動中。IT企業を退職後、WEB制作系自営業、大阪市会議員秘書を経て当選。日本維新の会と大阪維新の会の広報局を兼務するIT担当。大阪維新の会大阪市会議員団総務副会長。今年度は財政総務委員会、環境対策特別委員会、一般決算特別委員会に所属。全ての委員会で維新会派の代表を務めています。