世界最先端の学校教育ICT視察のため、欧州へ行きます。

昨年は、Googleからの招待を受けてオランダへ行きました。
関連レポート記事は下記の通りです。

日本人初!Googleの教育イベントに招待されたのでオランダに行ってきます。
【時系列編】Forword with Google for Education参加レポート
【講演内容編】Forword with Google for Education参加レポート
【ワークショップ編】Forword with Google for Education参加レポート
【今後の展望編】Forword with Google for Education参加レポート

アムステルダムでは各国の教育関係者達と意見交換を行ったり、各国の最新事例や今後訪れる新しい時代に対応するためのマインドセットなどについて共有してもらうなど、非常に有意義な時間を過ごしました。その後、議会での質疑にも反映しました。将来の大阪市の学校教育ICTについて、大きなビジョンをキチンと描いていかなければいけない、その際は行政サイドだけで描くのではなく民間などから広く協力をもらうべきであるということなどを指摘したところです。ビジョンについては来年度、示される予定です。

現地視察・Bettへの参加が決定しました

そしてこの度、Googleからの招待を受けてスウェーデン(Oxievångsskolan)・ロンドン(Tring School)での現地視察・Bettへの参加が決定しました。
これまで僕は大阪市内の学校で行われている学校教育ICTの現場に何度か足を運んでいるため、実際に日本より学校教育ICTの取り組みが進んでいる国で行われている授業現場に行くことで、共通点や参考にすべき点などを発見できるのではないかと期待しています。

Bett(British Educational Training and Technology)は、年1回ロンドンで開催される世界最大規模の教育ICT展示会で、世界各国からEdTech(Education × Technology)関係者が集まります。4日間の開催で4万人以上が来場するらしいです。日本の教育ICTの展示会よりも、おそらく最先端のソリューションがたくさんあるのではないかと期待しています。

視察レポートはオランダの時と同様、書けるだけ書いていきます。目標は、行ってなくても行った感じになれるレベルのレポートですね。

現地からYouTubeでの市政報告会も行います

2019年1月26日(土)17:00-18:00(日本時間:予定)

今回も、徳田議員と一緒に行ってきます!
1/21(月)出国〜1/27(日)帰国というスケジュールで、その期間中は僕と徳田議員が大阪を離れます。大阪・日本の教育をアップデートするための一石を投じるべく全力で頑張ってきますので、ご理解をお願いいたします。