地下鉄民営化、可決!

遂に、大阪市営交通が公営企業の制約から解放されることになりました!!
ここまで我慢を重ねてきて、結果を出した吉村市長に心から敬意を表します。

▶[朝日新聞]何もしなければじり貧 大阪府・市特別顧問、上山信一さん
 

さて、地下鉄民営化。
巷の反応をチラチラ見ていると、

「橋下吉村の公約は完全民営化!!(株式を売却する)」
「100%の株式を所有する民営化は、対立候補の公約!!」

みたいなのを見かけました。
もしかして、知らないんでしょうかね。
橋下市長時代の終盤に提案されていた「民営化プラン(案)」は、大阪市が100%株を持つ株式会社の設立でしたよ。

ちなみに、吉村市長が選挙時に訴えていたのも、まずは大阪市が100%株を持つ株式会社。
嘘だと思った人は、当時の記事をどうぞご覧ください。

▶[産経新聞]【大阪ダブル選】市長選でも争点に 市営地下鉄・バス民営化、今後は新会社形態など議論へ

いや、もちろん最終的には完全民営化を理想としています。
これは吉村市長も公言していますが、それは先の話として置いてたわけですね。橋下市長の時代から。

だからなんやねんという話なんですが、ミスリードは正しておかないと。ということです。

 

さて、本会議のあの瞬間に時計の針を戻しますと、泣いている自分がいます。
2/3以上の起立で可決される今回の案件。
ここまで来るのに、どれだけの時間を要したか。
どれだけ我慢を重ねてきたか、どれだけ大きなことなのか。

あの瞬間は、それが頭によぎって思わず「ジーン」ときました。
本当に歴史的な瞬間であり、そこに居合わせることができたことに幸せを感じました。

 

今日もその余韻が残っているわけですが、残念なこともありました。
世間的には、法定協議会の継続審査なのかもしれませんが、僕的には水道経営形態変更議案の廃案。
これが、心底残念でなりません。

これに関しては、また改めて記事を書くこととします。

投稿者: 大阪市会議員 杉山みきと

大阪市東淀川区選出の大阪市会議員(大阪維新の会)です。若者世代が活躍する地域社会を目指して活動中。IT企業を退職後、WEB制作系自営業、大阪市会議員秘書を経験して立候補し当選。交通水道委員会で副委員長をしています。好きなももクロは紫です。